不動産を運用する利益の仕組みについて

不動産を運用する際には2種類の利益を狙うことができます。
1つ目は購入したものを売却する時に得ることのできるキャピタルゲインです。
キャピタルゲインでは不動産を購入した時の価格よりも、売却する時の値段の方が高ければ利益になります。
物件の価格が右肩上がりだったバブルの頃ならキャピタルゲインを狙った運用も流行っていました。
しかし、現在ではこのような利益を狙うのは容易なことではないでしょう。
2つ目は所有している物件を他人に貸して、その家賃収入を得るようなインカムゲインです。
インカムゲインでは賃貸としての不動産を貸すことによって継続的に利益が得られます。
この時の利回りが高ければ高いほど、利益も大きくなります。
この時に注意しなければいけないのが、利回りです。
実際に掛かってくる諸経費を考慮に入れていない表面利回りよりも、実際の諸経費のことも考えられている実質利回りで運用計画を考えることが重要だといえるでしょう。
このように2種類の利益が狙えるのです。