不動産の資産運営をしていく上で役立つ3つの資格

不動産の資産運用をしていく上で、資格を取らなくてはいけないという事はありませんが、資格によって仲介手数料を払わずに済む・一般人では見られないデータの閲覧が出来るといったメリットがあります。
主に役立つとされる3つの資格について説明していきます。
1つ目は「宅地建物取扱主任者」という資格で、これは不動産の実務全般を理解する事ができ、交渉がスムーズに進みます。
2つ目は「不動産実務検定」という資格で、「大家検定」とも呼ばれています。
賃貸経営をする上で起こるとされる様々なトラブルに対処しやすくなり、経営ノウハウを学べるといった事から、オーナーのみではなく、投資家の立場からも興味を持つ資格だといえます。
3つ目は「ホームインスペクター」という資格で、自分で物件を見る目を養い、建物の劣化状況・欠陥の有無・雨漏りの形跡の有無・改修箇所及び、その時期などの住宅の健康診断が行えるといったものです。
これらを物件選びの際に活用していきたいものです。

木のハンドカット施工

イベントやキャンプに!発電機レンタル

浴室暖房乾燥機・浴室暖房機の販売実績多数

初めての単身赴任で部屋が必要、でも淀屋橋で格安賃貸は難しい・・・そうお考えの方もルームワンの物件情報をチェック!なんと5万円以下からご案内いたします。

工務店 大阪

最新記事

  • 年金の支給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げが見込まれる将来においては、自ら老後資金を確保しておく …

    詳細はコチラから!

  • 不動産を運用する際には2種類の利益を狙うことができます。
    1つ目は購入したものを売却する時に得 …

    詳細はコチラから!

  • 不動産投資物件の運用については、人によって異なります。
    その理由としては購入する金額や投資方法 …

    詳細はコチラから!